• ホーム
  • 日本で2番目に認可されたレビトラの効果と使い方

日本で2番目に認可されたレビトラの効果と使い方

幸せなカップル

EDを治療するための医薬品として、日本で2番目に認可を受けたものがレビトラです。
日本では現在において3種類のED治療薬が承認を受けていますが、レビトラもその1つとなります。
2003年にドイツの製薬会社が販売を開始して、2004年に日本で正式に承認されています。
従って、レビトラはED治療を行っているクリニックなどに通うことで購入できる医薬品です。

レビトラの有効成分はバルデナフィルで、他のED治療薬と同様に陰茎の細胞内に存在するPDE5と呼ばれる酵素の働きを抑制する効果があります。
勃起は性的な興奮を受けたときに、細胞の中で血管を拡張させるcGMPという物質が増えるために起こります。
勃起が継続すると生活に不自由があるために、人間の男性にはもともと細胞内にPDE5という酵素が存在していて、cGMPを壊すことで元の状態に戻します。
生活習慣が乱れて、加齢が原因でcGMPの量が減少し、PDE5の働きが強くなるためにEDを発症すると考えられています。
レビトラに使用されているバルデナフィルには、PDE5の働きを阻害する効果があるのでEDを改善する薬として効果が認められています。

レビトラには10mgや20mgがあり、含まれている有効成分の量によって効き目の強さが異なります。
初めて服用するときには10mgから飲み始めることが賢明です。
特に高齢者の人や他の病気を患っている人は、自分自身がどの有効成分の配合量のものを選べばよいのか医者に相談したほうが良いでしょう。

バルデナフィルは水に溶けるのが早い特徴があるために、他のED治療薬と比較して即効性があります。
日本国内で発売されているED治療薬の中で一番効果が現れるまでのスピードが速く、空腹時に飲むことで20分ほどの時間で効き目を感じることが可能です。
10mgであれば効果の持続時間は5~6時間で、20mgを飲んだ場合には8~10時間ほど効き目が持続します。
1日に飲める量は1錠までで、2錠以上を飲まないように注意しましょう。
飲み過ぎてしまうと体に何らかの影響が現れることも考えられるために、服用方法を守ることが大切です。

レビトラの効果を最大限発揮する服用方法とは?

レビトラは効果が現れるまでの時間が短いために、性行為の20分前に飲むことが良いとされていますが、空腹時に服用する必要があります。
また、効果が発現するまでには個人差があるために、あまりにも性行為の直前に飲んでしまうと効き目が現れるまでに間に合わないことも注意しなければなりません。
確実に効果を得たい人の場合には、性行為の1時間前に飲んでおけば安心できます。
先に日本で販売が開始されたED治療薬と比べると食事の影響を受けにくいことが特徴ですが、全く影響を受けないわけではありません。
効果を最大限に引き上げるには、脂っこい食事を摂取せずに、食べ過ぎないようにすることが重要です。
影響が出にくい食事の条件として、総エネルギーにおける脂肪の割合が30%以下という定義が存在しています。
一般的な男性の食事の総エネルギーは、食事1回につき700カロリーですので、700カロリー内の脂肪が30%以内になるように工夫してください。
アルコールと一緒に飲むことは可能ですが、飲酒量は控えめにすることが推奨となります。
多少のアルコールの摂取であればリラックス作用があるので、精神的に性行為のプレッシャーを軽減できる可能性があります。
しかし、大量にお酒を飲んでしまうと、薬の効果に影響が現れるために飲み過ぎないことも大切です。
飲み物の摂取にも気を付ける必要があり、グレープフルーツジュースと同時に飲むと効き目が半減します。
グレープフルーツにはフラノクマリン酸という成分が含まれていて、薬の吸収率を下げてしまう特徴があります。
吸収率が低くなるとEDを改善する効果を十分に得られなくなるので、一緒に飲むことの無いようにしてください。
1回服用してから次に飲むまでに、24時間の間隔を空けることが正しい服用方法になります。

サイト内検索
人気記事一覧