• ホーム
  • 器質性EDは薬だけで完治させるのは難しい

器質性EDは薬だけで完治させるのは難しい

EDになる原因はいろいろありますが、その中で物理的作用によって肉体が損傷を受け、それによって勃起不全の症状となるものの総称を器質性EDと言います。
この器質性EDは血管性、神経性、内分泌性と、手術や外傷によって陰茎が異常を来たすものに分類されます。
血管性とは勃起の時に海綿体の毛細血管に流れる血流量が少ないために起きるEDであり、加齢や生活習慣病、または外傷手術によって血流が悪くなるのが原因です。
勃起と血液は密接に関係しているため、勃起不全の中でもその理由として大きな割合を占めています。
神経性とは神経系の病気、脊椎損傷、手術による生殖器周辺の神経の障害によって起きるEDであり、脳からの性的興奮が生殖器にうまく伝えられないために起きるものです。
この病気では陰茎を直接刺激したことで起きる興奮も脳に伝達されないため、物理的に勃起状態を作ろうとしても今度は肉体の方が反応しなくなります。
内分泌性は男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が弱まったため、勃起や射精などを促進するドーパミンが増えなくなって起きます。
また生殖器を発達させる機能も減退するため、勃起が出来たとしても直ぐに萎えてしまったり、持続する時間が短くなったりします。
陰茎が手術や外傷によって奇形になり、手術などで射精閉鎖管が傷ついたために起きるのもEDとなります。
他にも病気によって陰茎が変形することもあります。
これは膣に挿入した時に痛みを感じるだけではなく、勃起そのもので陰茎に痛みを伴う場合があり、その痛みによって勃起が持続出来なくなるのです。
器質的EDは肉体に問題があって起きる割合が多いので、その治療には自分の肉体を改善する必要が生じてきます。
治療薬によって行う治療方法も確立されていますがあくまでも一時的な処置であり、それよりは根本から原因を絶つのが重要だと言えます。
血管は勃起をするために重要な働きをする器官であり、血管に対して悪影響を与える生活習慣病はそれ自体をどうにかしなければ自らの健康にも直結するため、一日でも早い処置が必要となります。

器質性EDは過去の手術が原因になっていることもある

不慮の事故や病気などで生殖器近くの手術を受けると、その際に陰茎の筋肉や陰茎自体が損傷を受けて、陰茎に繋がる神経が異常を来たしてしまう場合があります。
陰茎の組織は人間の体の中でも再生能力が低く、自己再生は難しいとされています。
また射精を司る射精閉鎖筋は自ら鍛えることがとても困難な筋肉でもあり、これが損傷してしまうと医療機関による治療を施してもらわなければ、治癒は難しいかもしれません。
神経の損傷とは手術などによって脊椎損傷となったりすることであり、それによって陰茎の神経活動が上手く機能せず、脳からの性的興奮を伝えられずに勃起不全となったり、陰茎は刺激を受けていてもその感情が脳に伝達されないために、その結果として勃起が出来ないという事態が発生します。
これは脊椎損傷だけではなく、生殖器の近くにある神経がダメージを受けた時にも引き起こされる現象です。
陰茎が酷く損傷してしまうと、EDの治療薬による治療方法ではあまりその効果が期待できないため、外科的手術によって治療するしかなくなります。
あまりに酷い場合は海綿体を移植する手術を受けなければいけませんが、現代では神経や血管を出来るだけ傷つけずに損傷した箇所だけを治療する方法があるので、専門医と相談して処置を決めるといいでしょう。
外傷によって麻痺が残り神経の反射機能が悪くなったとしても、時間はかかりますが治癒する可能性もあり、そうなった場合でも若年層の人ならED治療薬の効果が高いということも立証されています。
勃起は血管と神経が密接に絡み合って起きる現象であるため、その神経と血管が損傷してしまうというのは致命的と言えます。
しかし重症化してなければ治療薬によって一定の改善は見込めます。
重症化していたとしても外科的な処置によって治癒できる可能性が残っているのですから、直ぐに諦めないで前を見て行動することが重要になります。