• ホーム
  • レビトラ服用における食事の影響について

レビトラ服用における食事の影響について

レビトラは基本的に性行為の1時間前に服用します。空腹状態であれば服用後20分ほどで効果が現れます。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在します。5mgは効果が弱いためあまり流通しておらず、10mgや20mgが多く利用されています。
効果の持続時間は10mgが5時間ほどで、20mgは10時間ほどです。レビトラには即効性があり、空腹時に服用すれば20分ほどで効果を実感できます。
勃起不全の治療薬には食事の影響を受けて効果が半減するものも存在します。しかしレビトラは食事の影響を受けづらいという特徴があります。
標準的な成人男性の1食分の食事であれば問題はありません。エネルギー量がおよそ700kcal以下、脂肪分が30%以下の食事であれば摂取できます。
レビトラは食事の影響を受けづらい勃起不全の治療薬ですが、より効果的に服用するためには空腹時に服用するのが理想的です。
食事を摂った場合には食後2時間ほど間隔を空けます。ファストフードや焼肉定食、ラーメンなどの麺類は脂肪分が多いので注意が必要です。
脂肪分が多いファストフードや焼肉定食、ラーメンなどの麺類は消化されるまで時間がかかります。食後5時間から6時間ほどの間隔が必要です。
レビトラを服用する前に食事を摂る場合には、脂肪分が少ないものを選ぶ必要があります。また量も腹6分目から7分目に抑えます。
基本的に水かぬるま湯で服用しますが、適量のアルコールで服用することも可能です。適量のアルコールには気分をリラックスさせる効果があります。
気分がリラックスすることで、スムーズな性行為ができます。アルコールを過度に摂取すると酩酊状態となり、性行為が困難となります。
レビトラをアルコールで服用する場合には、摂取量に気をつける必要があります。勃起不全の治療薬は血管を拡張する効果があるため、軽度の頭痛やめまいなどが現れます。
グレープフルーツを摂取すると頭痛などの症状が重くなるので注意が必要です。

グレープフルーツとレビトラの組み合わせが危険な理由

レビトラは基本的に食事の影響を受けないという特徴があります。ファストフードや焼肉定食、ラーメンなどの麺類のように脂肪分の多い食事を大量に摂取しなければ問題はありません。
また適量のアルコールで服用するとリラックスできるため、レビトラの効果が高まります。しかしグレープフルーツのようなフラノクマリン酸を含む食品には注意が必要です。
レビトラには血管を拡張する効果があるため頭痛やめまい、動悸、鼻詰まり、顔のほてり、目の充血などの症状が現れます。これらの症状は服用者の9割以上に現れますが、基本的に軽度で数時間すれば回復します。
しかしグレープフルーツのようなフラノクマリン酸を含む食品を摂取すると、症状が重くなるので注意が必要です。フラノクマリン酸にはレビトラの体内吸収率を高める効果があります。
薬物代謝酵素であるシトクロムP450の効果を阻害することで、薬の体内吸収率が上昇します。レビトラの体内吸収率が高まると勃起不全を改善する効果が高まりますが、同時に頭痛などの症状も重くなります。
もともとレビトラは高い効果のある薬なので、さらに効果を高める必要はありません。頭痛などの症状が重くなる危険性があるため、グレープフルーツなどの摂取は控える必要があります。
フラノクマリン酸を含む食品にはグレープフルーツの他にもハッサクやザボン、ナツミカンなどが存在します。柑橘類の中でもレモンやバレンシアオレンジなどには含まれていません。
グレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品は、レビトラを服用する1日前から摂取を控えます。同時に摂取できないだけでなく、摂取後にレビトラを服用するまで1日空けることが必要です。
完全にフラノクマリン酸の影響がなくなってからであれば、安全に服用できます。