• ホーム
  • レビトラの併用禁忌薬に注意しましょう!

レビトラの併用禁忌薬に注意しましょう!

笑顔の男性

硝酸剤と抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗不整脈薬はレビトラとは併用禁忌とされています。レビトラには血管を拡張する作用がありますが、併用禁忌薬と飲み合わせると血圧を過度に下げる可能性が存在します。
併用禁忌薬とレビトラの飲み合わせは、重篤な症状を引き起こす原因となるので注意が必要です。レビトラは病院で処方してもらう以外にも個人輸入で購入できます。
安全に勃起不全の治療を行うならば病院で医師の指導を受けるのが合理的です。併用禁忌薬とされる硝酸剤には飲み薬の他にも舌下剤や貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなど様々なタイプがあります。
ニトログリセリンなど種類も豊富です。硝酸剤との飲み合わせは血圧を過度に下げる原因となるので、併用が禁止されます。
レビトラとの飲み合わせが禁忌とされる抗ウイルス薬は、HIVの治療薬として利用されるものです。抗ウイルス薬を併用するレビトラの効果が過度に高まる可能性が存在します。
レビトラは血管拡張効果があるので、軽度のめまいや頭痛、動悸、目の充血などが見られる場合があります。
抗ウイルス薬を併用するとこれらの症状も強まるので注意が必要です。抗真菌薬は水虫などのカビによる感染症の治療薬として利用されます。
併用禁忌薬とされる抗真菌薬は内服タイプのものです。抗真菌薬も抗ウイルス薬と同様にレビトラの効果が過度に高まる可能性があります。
抗不整脈薬にも様々な種類が存在しますが、レビトラと一緒に服用すると心臓の動きに異常が発生する可能性が存在するため併用禁忌とされます。
硝酸剤と抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗不整脈薬の他にも、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬が併用禁忌薬とされています。
慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬は一種の降圧剤です。レビトラと併用すると症候性低血圧を発症する可能性があります。
レビトラには多数の併用禁忌薬が存在します。他の医薬品を使用している場合には、医師に相談するのが合理的です。

レビトラと併用禁忌薬を同時に服用するとどうなる?

レビトラと併用禁忌薬を同時に服用すると、効果が過度に高まったり心臓に異常をもたらす可能性があります。
また血圧を過度に低下させる可能性もあるので注意が必要です。飲み合わせが禁止される医薬品には様々な種類があります。
他の医薬品を使用している場合には、レビトラの服用前に医師への相談が必要です。併用禁忌薬と同様にレビトラの効果を過度に高めるものとして、グレープフルーツなどの柑橘類があります。
グレープフルーツやザボン、ハッサク、スウィーティ、ナツミカンなどの柑橘類にはフラノクマリン酸が含まれており、レビトラの効果を過度に高めます。
そのためめまいや頭痛、動悸、目の充血などの症状が重篤になる可能性があります。
フラノクマリン酸はグレープフルーツなどの柑橘類に含まれていますが、柑橘類の中でもレモンやバレンシアオレンジなどには含まれていません。
併用禁忌薬に加えてフラノクマリン酸を含む食品にも注意する必要があります。
硝酸剤と抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗不整脈薬、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬を併用すると効果が過度に高まったり心臓に異常をもたらす可能性があります。
レビトラは血管拡張効果があるので、血圧に関係する医薬品が禁忌とされるだけでなく疾患を抱えている場合にも服用できません。
脳や心臓、腎臓や肝臓に疾患を抱えている場合は、症状が重篤になる可能性があるのでレビトラの服用が禁止されます。
低血圧や高血圧、網膜色素変性症の場合も同様です。他の医薬品を服用している場合や疾患を抱えている場合には医師に相談する必要があります。
レビトラは個人輸入で購入すればコストを安くできます。しかし併用禁忌薬や服用できない場合があるので、初めて使用する場合は病院で医師の指導を受けるのが合理的です。

サイト内検索
人気記事一覧