• ホーム
  • レビトラにも当然副作用があります!

レビトラにも当然副作用があります!

笑顔の男性

レビトラの副作用には火照りや目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどがあります。これらの症状はレビトラの血管拡張効果と関係しています。
火照りや目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどの副作用は基本的に軽度です。一般的4時間から5時間ほどすれば症状は治まります。
レビトラは個人輸入サイトを通して購入できる他に、病院で処方してもらうこともできます。服用に際しては副作用など注意すべきポイントがあるので、まずは医師に相談するのが合理的です。
基本的に食べ物からの影響はあまり受けませんが、グレープフルーツには注意する必要があります。
グレープフルーツにはフラノクマリン酸が含まれています。フラノクマリン酸は医薬品の体内吸収率を高める働きがあるため、レビトラの効果が強まります。
同時に副作用も強まり火照りや目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなども重くなるので注意が必要です。フラノクマリン酸を含む食品は危険なので、レビトラを服用する前日から摂取を控える必要があります。
フラノクマリン酸を含む食品にはグレープフルーツの他にもハッサクやザボン、ナツミカン、スウィーティなどが存在します。
同じ柑橘類でもバレンシアオレンジやレモン、カボスなどにはフラノクマリン酸がほとんど含まれていないので安心です。
レビトラはペニス周辺の血管を拡張する働きがありますが、この働きは火照りや目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどの副作用をもたらします。
基本的に症状は軽いので、グレープフルーツなどフラノクマリン酸を含む食品に注意していれば、大きな問題はありません。ただし心臓や脳、肝臓、腎臓などに疾患を抱えている場合には使用が禁止されます。
血圧が高い場合や逆に低い場合、網膜色素変性症の場合なども使用できません。レビトラは勃起不全の治療薬として有効ですが、副作用があり使用できない場合も存在します。
特に個人輸入代行サイトを通して購入した場合には、服用前に副作用などを十分確認する必要があります。

レビトラを飲んで頭痛がする場合は頭痛薬の併用もOK

レビトラを服用すると火照りや目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどの症状が現れる可能性が存在します。これらはレビトラの血管拡張効果に起因するもので、基本的に軽度です。
症状が現れても基本的に4時間から5時間ほどで回復します。症状が回復しない場合には、服用を止めて医師に相談する必要があります。
レビトラは個人輸入代行サイトで購入する方法の他に、病院で処方を受けることもできます。病院で処方を受ける場合には保険が適用されないため、ある程度のコストが必要です。
多くの病院では10mgと20mgの錠剤を処方しており、1錠から処方してもらうこともできます。病院で処方を受ける場合の料金は10mgが1錠あたり約1500円で、20mgが約2000円です。自由診療なので病院によって違いがあります。
個人輸入代行サイトであれば10mgが1錠あたり約1400円、20mgが1300円から1400円ほどで購入できます。病院を利用するとコストがかかりますが、医師の指導を受けることができるので安心です。
レビトラを服用して強い副作用が現れた場合でも、医師と相談すれば適切に対処できます。
副作用の頭痛は抗炎症作用のある鎮痛剤を服用すれば対処可能です。鎮痛剤は一般的な薬局でも販売されています。
鎮痛剤を服用するタイミングはレビトラの服用と同時が理想的です。レビトラは空腹時に効果を発揮しやすくなりますが、特に空腹時でなくても服用できます。
一方鎮痛剤は副作用で胃の粘膜が荒れてしまう場合があるため、空腹時を避ける必要があります。
レビトラの服用によって発症する頭痛は、鎮痛剤を使用すれば対処できます。胃が弱い人はレビトラと鎮痛剤に加えて胃薬を併用するのが合理的です。

サイト内検索
人気記事一覧