• ホーム
  • レビトラとバイアグラの特徴を比較!

レビトラとバイアグラの特徴を比較!

レビトラとバイアグラは有効成分がちがいますが、ペニス周辺の血流を増やして勃起を促す効果がある点では共通しています。
バイアグラもレビトラも性行為の1時間ほど前に水で服用するのが通常です。いずれも空腹時に服用すると効果が高まります。
効果の持続時間は、レビトラの10mgの錠剤が5時間ほどで20mgは10時間ほどです。バイアグラには25mgと50mgの錠剤があります。
25mgは4時間から5時間、50mgは5時間から6時間効果が持続します。レビトラの25mgやバイアグラの50mgでは大きい場合には、ピルカッターで小さくしてから服用する方法もあります。
服用してから効果が現れるまでの時間はレビトラの方が早く20分ほどです。バイアグラは30分から1時間ほどで効果が現れます。
レビトラとバイアグラには短時間で強い効果が期待できるという特徴があります。いずれも食事の影響を受けますが、バイアグラの方がより強く影響します。
レビトラとバイアグラを比較すると勃起不全を改善する効果は同様ですが、効果の現れ方に違いがあります。
バイアグラは食後に服用すると胃や腸に付着した食べ物の脂分に有効成分が取り込まれます。そのため有効成分が便として排出され、効果が弱くなります。
食前でも前に中華料理やフランス料理など脂分の多い食事を取った場合には、胃や腸に脂分が残っている場合があります。
脂分の多いものを食べた場合には6時間から7時間ほど経過してから服用します。レビトラにはバイアグラと比較して食事の影響を受けづらいという特徴があります。
栄養学で定義される成人男性の1食分の標準的なエネルギー量は約700kcalとされます。レビトラはエネルギー量が約700kcalまでで、脂肪分がエネルギーの30%まであれば効果に影響がありません。
バイアグラもレビトラも空腹時に服用するとより効果的です。いずれも食事が必要な場合には、脂分の少ないものを腹7分目ほどに抑えます。

即効性を求めるのならレビトラがおすすめ

様々な勃起不全の治療薬の中でも、特にレビトラは即効性があることで知られています。服用から効果が現れるまでの時間は20分ほどで、効果が最大になるまでの時間は服用から40分から50分ほどです。
性行為の1時間前に服用すれば十分な効果を期待できます。バイアグラにも即効性はありますが、レビトラのほうが優れています。
より高い即効性を求めるならばレビトラを選択するのが合理的です。バイアグラは食事の影響で効果が弱くなるため空腹時に服用されます。
レビトラは食事の影響をあまり気にしなくて良いので扱いが簡単です。いずれも水で服用するのが通常ですが、アルコールと一緒に服用しても適量であれば問題はありません。
バイアグラにとって問題となるのは、特に脂分の多い食事です。空腹時でも、前の食事が脂分の多いものだった場合には注意が必要になります。
一般的な食事であれば2時間ほどで消化し、胃の中は空になるとされます。しかし中華料理やフランス料理など脂分の多い食事の場合は、2時間経過しても胃や腸に脂分が付着していることがあります。
空腹時に服用しても胃や腸に脂分が付着していると、有効成分が取り込まれて排出されてしまいます。
脂分の多い食事をとった場合には6時間から7時間は間隔が必要です。レビトラとバイアグラはペニス周辺の血管を拡張して血流を増やし、勃起を促すという点では共通しています。
しかし即効性や食事の影響を考慮すると、レビトラの方が比較的扱いやすいという特徴があります。効果の持続時間はレビトラの20mgで10時間ほどですが、バイアグラの50mgは5時間から6時間ほどです。
扱い方や効果の現れ方、持続時間など異なる特徴があるので自分に合ったものを選択する必要があります。