• ホーム
  • インドのレビトラジェネリックは製造中止となった理由

インドのレビトラジェネリックは製造中止となった理由

薬を飲む男性

インドで製造されていたレビトラジェネリックは2017年1月から製造中止となっています。理由はインドの高等裁判所が製造中止を決定したからです。
医薬品の特許には製法特許と成分特許があります。成分特許が認められる国では、同じ有効成分を含むジェネリック医薬品を製造できません。
製法特許のみが認められている国では、製法が異なればジェネリック医薬品を製造できます。レビトラは日本の製薬会社が開発した勃起不全の治療薬で、世界的な人気があります。
日本では製法特許も成分特許も認められていますが、インドでは製法特許のみ認められていました。
製法さえ変えれば自由にジェネリック医薬品を製造できたことが、インド製ジェネリック医薬品が大量に流通していた理由です。
新薬の開発には何十年という時間や何百億円というコストがかかります。ジェネリック医薬品は開発コストがかからないので、安く製造できます。
レビトラは1錠あたり1500円ほどですが、ジェネリック医薬品であれば200円ほどで購入可能です。
インドの製薬会社が製造した医薬品は、海外へも大量に輸出されています。日本からも個人輸入代行サイトを通して購入する人が多数存在します。
勃起不全の治療薬には様々な種類がありますが、特にインドで製造されたレビトラジェネリックは安いため人気です。
現在は製造中止となったため、在庫品の販売のみ行われています。レビトラを開発した日本の製薬会社がインドの裁判所に提訴したところ製造中止のみ認められましたが、販売中止は認められませんでした。
現在でもインドの製薬会社が製造したレビトラジェネリックの在庫品が海外に輸出されています。レビトラは勃起不全の治療薬として世界的に愛用者がおり、安価なジェネリック医薬品を求める人も多数存在します。
日本では個人輸入代行サイトを通して購入できますが、在庫品がなくなれば販売中止となる予定です。販売中止となった場合には、ジェネリック医薬品ではなくレビトラを使用することになります。
薬の通販オンラインではまだレビトラジェネリックは販売中のようです。中でも人気なバリフを通販で購入してみましょう。リンクも貼っておきますので、価格だけでもチェックしてみるのも良いでしょう。

レビトラは先発医薬品のみの入手しかできません

インドでは医薬品の製法特許のみが認められているため、製法を変えれば同じ成分のジェネリック医薬品を自由に製造できました。
しかしレビトラを開発した日本の製薬会社が訴訟を起こし、2017年1月にはレビトラと同じ有効成分を含むジェネリック医薬品の製造中止が認められています。
現在インドではレビトラと同じ有効成分を含むジェネリック医薬品の製造が行われていません。レビトラには、インドの製薬会社が製造した様々なジェネリック医薬品が存在します。
裁判によって製造中止が決定されたことから、在庫品がなくなり次第販売も中止となる予定です。
ジェネリック医薬品が入手できなくなった場合には、先発医薬品であるレビトラを利用することになります。
レビトラには10mgと20mgがあり、価格は1錠あたり1500円ほどです。ジェネリック医薬品であれば1錠あたり200円ほどで購入できましたが、販売中止になればコストがかさむことになります。
コストを抑えて勃起不全の治療を続けたい場合には、なるべく早い時期に買い溜めておくのも1つの方法です。
勃起不全の治療薬にはレビトラ以外にも種類があります。それらにもジェネリック医薬品が存在するので、コストを抑えて勃起不全の治療ができます。
インドで製造中止となったのは、レビトラと同じ成分を含む医薬品のみです。その他の医薬品については、現在でも製造が続いています。
レビトラジェネリックが販売中止となった場合には、確保しておいた在庫品を利用するか他の医薬品を利用すればコストを抑えることができます。
医薬品の効果は個人差があり、体質などの影響を受けます。どうしてもレビトラの有効成分で治療を継続したい場合には、コストはかさみますが先発医薬品を利用します。

サイト内検索
人気記事一覧